新着情報
2022/11/15

愛媛県高等学校ソフトボール新人大会 結果報告

 11月6日(日)にソフトボール部が県新人大会決勝がありました。11名の選手はここまで支えてくれた3年生のために、常に自分たちを信じて応援してくれる保護者のために優勝するしかないと覚悟を決めて試合に臨みました。

 初回に先制点を許し1-0のまま5回まで完全に押さえ込まれる苦しい展開でしたが、6回に木田(2年)が出塁し、崎野(1年)が2アウトながら内野安打でつなぐと、三木(2年)は勝負を避けられ故意四球で敬遠されました。4番河野(2年)との勝負、2アウト満塁カウント2B2Sから気持ちで打ったサードゴロは三塁手のグラブをはじき待望の1点が入りました。

 7回も両チーム得点を加えることができず、8回規定によりタイブレークに入りました。8回表、0アウトランナー2塁からスタートするルールで試合が始ました。ランナーを3塁に送られましたが、次のバッターをセカンドごろに打ち取り、4番バッターとの勝負に出ました。2ストライクに追い込んでバッテリーが選んだボールはチェンジアップ。相手強打者のバットが空を切って0点で8回表を終えました。8回裏、送りバントを根田(2年)が決め、最後は下矢(2年)が落ち着いてエンドランを決め、6年ぶり6度目の優勝を飾ることができました。

 新チームはここまで決して順調に来たわけではなく、多くの人に支えられ、助けられての優勝です。たくさんの人に恩返しができましたが、ここからが新しい目標へのスタートです。今一度気を引き締めて次のステージで活躍するために、練習に励みたいと思います。

 遠方にも関わらず門田先生、和田先生、卒業生の皆さんなど、たくさんの応援ありがとうございました。

PageTop